忍者ブログ
多摩中心に活動する管理人の撮影ブログ (since 2007.4.1)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

せっかくシドニーに行ったのにまた電車ですか?と思う.書きながら思ってた.
そらそうだ.
せっかく夜行バス未満の粗末な就寝環境と過剰なサービスという
日本らしいアンバランスな「おもてなし」を受けつつはるばる来たんだ.
一般人に見せても恥ずかしくない証だって無いとなあ…

お盆休みに入ったので追加で書いてみる.

定番スポットのシドニー魚市場.焼き牡蠣がおいしい.


日本らしくない光景ってだけでなんか,お!ってなる.
写真もそれっぽくなる.気がする.(気がするだけ)


シドニーではメジャーな公共交通手段のフェリー.
入り組んだ湾が連なる地形では大活躍.


シンクロニシティ.


Circular Quayからの眺め.
カメラ持って歩いてるとすぐに写真撮ってくれって言われるのは
カメラ渡してもこいつなら盗まないなってことなのか?
海外経験がなさすぎてめちゃめちゃ疑心暗鬼.


The RocksとHarbour Bridge.
夜一人で歩いても街中で三脚使ってバルブ撮影しても大丈夫.
そうとう治安が良さそうだった.

Google Map見てもイマイチ距離感がつかめないし,とりあえず中国語で話しかけられるけど
一人で行ってもなんとかなるらしいという知見を得た.
ただ時差無しで楽だと思っていたのが,飛行機の座席の眠れなさが異常で結局翌日を潰した.
これなら時差ありで到着後即寝の方が楽な気がしてくるがどうなんだろう.
PR
用事のついでにシドニーの街をぶらぶらしてきました.
最初から最後まで全て一人だったので自由にふらついてきました.
電車の写真に絞って更新.


やはりヨーロッパの街並み.レンガ造りが印象的.


普通に観光しましたが所々で飛び出す抑えきれない鉄オタの性.

シドニーのセントラル駅.日本にはまず無い駅構造が面白い.
ホームは20くらいあるけど電車の頻度は立川くらいかな?
けっこう持て余してるように感じた.というか日本がぎっちり使いすぎなだけか.



帰り道.向こう側まで同じ位置にCENTRAL.

景色が違うだけで日本と変わらないなと写真を通すとより感じる.
三岐鉄道で805Fを使用した団臨と撮影会が開催され,
これに参加させていただきました.

幹事の方をはじめ,様々な方々にお世話になりました.
ありがとうございました.


保々→北勢中央公園口

保々で受付を終えてから沿線へ出向きました.
もちろん西武顔も目当てですが,貨物も捨てられない.


伊勢治田→東藤原

団臨の往路は「準急 本川越」ということで正面がちに.


三里→大安

大安のイオンで休憩後,宇賀川の橋梁で団臨の復路を.


地方私鉄は障害物が少なく,間近で迫力のある写真が撮れるのがいいところ.



団臨のあとは撮影会.
西武顔はもちろん,カマが素晴らしい.

805Fの中では拝島ライナーが一番ツボ.



三里→丹生川

撮影会終了後も日が落ちるまで粘りました.
最後まで飽きない撮影ができてよかった…

なんとか多摩湖線に249Fがいるうちに,桜が咲いているうちに撮影の目処がつきました.

まずは桜とEH200を狙いに残堀川へ.

工9872レ 日野→立川

83レ 立川→日野

PFロンチキという副産物もあり,ひとまず満足.
恋ヶ窪へ移動して国分寺線×桜.

国分寺→恋ヶ窪

そして本命の249Fへ.

国分寺→一橋学園


萩山→青梅街道

青梅街道→萩山
広角の切り位置って難しい.


一橋学園
ツートンの登場で3ドア黄色同士のすれ違いが復活.

一橋学園→青梅街道

正面のベージュは現役時を知らないけど,
側面のツートンは記憶があるからかコッチのほうが被写体に選びがち.

何はともあれ多摩湖線から去る前に249Fを撮れてよかった.

ダイヤ改正前最後の休日.
前回諏訪の帰りに甲府から乗ったE351が頭にありました.

乗車口案内札と絡めたスナップが撮れないか…ということで
わざわざそのためだけに甲府まで行ってきました.

まずは横浜で青雷を.

桜木町→東高島

どうしたら青雷をかっこよく撮れるか思案した結果,
広角・順光が効果的という結論に.
H級の長い胴体,側面ロゴ,特徴的な顔の形,これらがよく引き立つ.

150mm位で撮る直線の編成写真ではこれらの特徴が目立たないのでかっこよさが薄れる.
というのが個人的見解.


甲府
単機の5460レ.側面ロゴも間近で見るとめっちゃデカい.


諏訪の帰りにこうして並んでて,
この光景無くなるな,と思ったらちょっとスナップしたくなった.


乗車口案内札も新しいあずさの絵に変わる.



おわり.今日は普通列車で帰路へ.
国分寺でのヤボ用ついでに国分寺から一橋学園まで歩いて回りました.

国分寺→一橋学園


一橋学園


一橋学園

多摩湖線の日常ということで.
先週に引き続き諏訪湖へ.
先週は全面結氷でしたが,今週はついに5年ぶりの御神渡り出現.

しかも
・前日に積雪があったため俯瞰で御神渡りがくっきり見える.
・土曜日が珍しく休み
これは行くしかないと思い,かなりの出費ですがそれも厭わず.

まずは始発で茅野まで行き,レンタカーで移動.
茅野から岡谷へ行き,雪山から俯瞰.
諏訪湖 俯瞰
岡谷→みどり湖

雪が積もると結氷が一目瞭然の上,御神渡りの亀裂もくっきり.
ただし俯瞰する山にも雪が積もっているので下山がめっちゃ大変.滑りまくる.

なんとか脱出して次は諏訪へ.
立石公園 鉄道
下諏訪→上諏訪

諏訪湖はほんの一部しか映らない画角ですが,丁度良い位置に御神渡り.
これにて撤収し,翌朝塩尻峠へ.


岡谷→下諏訪

早朝の上りあずさ.
ほぼ逆光ながら富士,諏訪湖の御神渡り,あずさ.

この撮影地の難点は肉眼で列車が見えない上に一瞬で過ぎ去ってしまうこと.
おかげで3本位逃しました.
日の出前の夜景と始発のあずさを逃したのは痛い.
御神渡り関係なくリベンジしたい.


最後に再び塩尻峠へ
中央本線 富士山
岡谷→下諏訪

夕方,塩尻峠から一瞬だけ富士山が顔を出しました.その瞬間にあずさ.
この後富士山は隠れてしまいました.

ただ日の出前,日の入り後の夜景と絡めるのが一番列車が目立つ気がしているので
その条件で再訪してリベンジをかけよう.


懐は決して暖かくないですが,その投資に後悔しない今回の旅でした.
湖畔で御神渡り見物や上諏訪温泉などちゃっかり観光までできたし.

知らないだけかもしれないけど諏訪湖と鉄道を絡めてる人が何より少ない.
写真を本当に見かけないので,これだけロケハンして御神渡りと鉄道を絡められたのが感無量.

西武も地元で勿論いいけど中央本線も捨てられない.
先週から諏訪の天気をチェックしていて
最低気温-10℃予想が続くので,御神渡りくるか?とそわそわしていました.

そんでもって始発でいざ信州.
雪の積もる山道を登って山頂へ.

結局諏訪湖は全面結氷まででしたが,それでも十分.

E353は意外と景色の中でもよく映える.


E257の塗装は遠目からよく分かるし秀逸.


最後にE351を撮って下山.
天気は少し残念でしたがなんとか氷で覆われた諏訪湖とE351を撮れました.

この後すぐに雪雲が流れ込んできて先が見通せなくなってしまったので,
山を降りて正解でした.
諏訪湖の周りをふらふら歩いて下諏訪から帰京.

途中ミニ御神渡りを発見.

本物の御神渡り,もし出現したら来週も…
深夜の赤電の甲種を狙いに国分寺へ.

用事を済ませて実家へ帰ったのは22:00.
仮眠をとって0:30に再出撃.

武蔵小金井行きの終電で練習して本番.
赤電 甲種
高尾行き終電が遅れていたためツーショットが実現.

撮影後帰宅し即睡眠.
3:50に再起床して始発で羽田へ向かい北海道へ行くハードスケジュール.

北海道は用事ための前日入りする必要があり,観光のため朝の便を選択.
土曜の用事と北海道の用事はかなり前から決まっていたので,
ハードスケジュール覚悟で赤電と北海道観光の二兎を追ったが何とかなって良かった.


国分寺線の赤電は国分寺再開発の前に姿を消したので1986年以前.
ということはこの塗装が国分寺の掘割に現れるのは30年以上ぶりのはず.
再開発がほぼ終了した国分寺のビル群の中を行く赤電は狙い通り.

そんなわけで構図としては満足ですがピントを微妙にはずす痛恨のミス.
撮影間隔が空くのは仕方ないものの,
撮影時にどのレンズは何を注意すべきかという感覚が鈍ってしまう.

反省点を後悔しても仕方ないので次に活かすしかない.
次は…諏訪湖の御神渡り…の予定.雪山のミニ登山頑張ります.
新年初撮影は国分寺線


国分寺→恋ヶ窪


恋ヶ窪→国分寺

定番の場所から撮り初め.

今年もよろしくお願いいたします.
カレンダー
10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
[03/15 まる]
[03/08 常磐東北]
[06/14 まる@管理人]
プロフィール
HN:
まる
職業:
学生
撮影機材:

・Nikon D500
・Nikon D80
・Canon PowerShot G7 X
・Ai AF NIKKOR ED 300mm f/2.8S(IF)(New)
・TAMRON SP 70-200mm F/2.8 Di VC USD G2 (ModelA025)
・Ai Nikkor 105mm F2.5S ・Ai AF NIKKOR 50mm f/1.4D
・AF-S NIKKOR 28mm f/1.8G
・AF-S DX NIKKOR 16-80mm f/2.8-4E ED VR
・TAMRON 10-24mm F/3.5-4.5 Di II VC HLD (Model B023)
・Velbon El Carmagne 635
・Velbon UT-43
アクセス解析
忍者ブログ [PR]