忍者ブログ
多摩中心に活動する管理人の撮影ブログ (since 2007.4.1)
8月中旬から完全に西武線沿線から離れてしまいました.
そんでもって電車の撮影機会はぐぐんと減りますが
更新は続けていく所存です.

今回は鉄分無しの撮影記.今後はこのパターンが増えるかも.

お盆休みを使って式根島と神津島へ旅行してきました.
真っ黒に焼けて帰ってきたわけですが一応写真も撮ってきたので.
ただし写真は神津島のみ…

神津島の海岸通りは見通しの悪いカーブが多い.

東京は雨でも神津島は良い天気でした.

昼は海,夜は星.

海岸で花火をしつつ天の川も見られる.

島は周りが海なので光源が少なく星空がキレイ.

路地に入って空を見上げると

天の川がくっきり.

翌日山にも登りました.壮観.
山は高い木がほぼ無く日差しがきつかったですが,
見下ろす景色は文句なし.


昨年は大島,今年は式根島,神津島へ行きました.
昨年の大島で伊豆諸島にハマってしまい,
今後も伊豆諸島の島々に行くことになりそう.


時間がなければ飛行機でも行けるけど,移動がフェリーっていうのも楽しい.
行きは東京湾の夜景を見ながらデッキでくつろぎ,
帰りは島の景色を見たり,船内でごろごろしながらまったり.

伊豆諸島,世間的にはあまりメジャーではなさそうだけど
胸を張ってオススメできる観光地でした.
PR
もう1ヶ月も前になってしまいましたが
上信電鉄へ連れて行っていただきました.

写真を編集する時間が無い+思い通りの写真が撮れなかった
ということで1ヶ月も塩漬けにしてしまいましたが,
ようやく休みが来たということで写真をいじりました.

はじめての上信電鉄.

下仁田行きに乗ります.この側面すら懐かしい.

まずは上州七日市へ.


趣のある駅.

沿線へ繰り出しましたが納得の行く写真は撮れずじまい.
途中151Fも来てテンションけっこう上がりましたが肝心の写真が…


移動で乗った151F.所沢車両工場・昭和39年の文字.


途中山名にてゲリラ豪雨に遭遇.そこに151Fが入線!
雨樋から滝のように水を落として出発する151Fの後ろ姿かっこよすぎた.

行き違いの電車に乗り込んだので写真は撮れなかったけど
しっかり目に焼き付けた.401系は本当に格別.

その電車で下仁田へ.

下仁田で駅周辺をフラフラしていると151Fが入線!

最後の最後に再び遭遇.
運用が読めない中,結構な回数151Fと遭遇できて良かった.

みなさんお疲れ様でした.
連れて行っていただきありがとうございました.
梅雨入り前最後の晴れかなと思って夕方撮ってきました.


恋ヶ窪

ちょうど跨線橋にいたおさんぽ中の犬が,電車通ると大喜びで回転してて可愛かった.
ちびっこのように柵から顔出して電車を見る犬.
広角レンズ付けてれば写真撮れたのにな…
家を出るときに10-24か16-80か迷って16-80を付けてきた運のなさ

で,こっちが本来思い描いていた方.

ズーム流し.もう少し引いたバージョンが良かったけど連写全滅.


こちらは引いたバージョン成功したけど夕空がブレてる.

うーんズーム流しは難しい.
6月のこの場所なら太陽が東村山行の方に沈むから
日没後良さそうと思ったとこまでは良かったのに技術が追いつかない.

梅雨に入ればしばらく遠ざかる夕焼け.1度くらいは雨の写真で勝負する時間があれば…

おわり.
今週,出張にあわせて夕張へ行ってきました.

行程としては札幌で車を借りて,由仁経由で夕張へ.
夕張をフラフラしたあと追分経由で新千歳へ向かい返却という形.

ここにUpはしなかったんですが,
2014年3月に北海道を鉄道で周ったときに雪の夕張を訪れました.
そのとき石炭の歴史村は冬季休業中で,廃墟を巡るのみでした.
今回は冬季期間過ぎたし見れるかなと思い再訪.

しかし…リニューアル工事中でまたも見れず.
ただ模擬坑道のみ営業しているということで見学しました.600円也.



去年行った尾去沢鉱山が充実しすぎてたので,比較するのがかわいそうではあるけど
まあそれを考えれば夕張も悪くない.
中の展示やパンフレットは丁寧だし,人が大勢居る観光地の様に
"触らないで下さい"とかチェーンで見学場所制限なんかも無くてよかった.

夕張の一番の魅力は街ごと引っくるめて栄枯盛衰が感じられるところ.
この規模でこの雰囲気を感じられるのは貴重だと思う.

都市が財政破綻するって感覚分からないけど,夕張に行くと現実で起こってて
ちゃんとお金の管理しないとこうなりますよって目の前に沢山の廃墟が現れるインパクト.
小中学生の社会科見学におすすめ.

カレーそば食べてから南部・鹿島地区へ.

シューパロ湖を渡る橋は夕張岳の山開きに合わせて通行可能になるようで
渡りたかったけど断念.
鹿島北栄町まで行くと湖に埋もれていない部分も増えてきて当時の区割りが露わになるところも.

戻ってシューパロダム資料館に行こうとするも通行止め.休館でした.
ただ途中の南部青葉町集落がこれまたすごかった.
建物はいくつもあるのにどの家もほとんど廃墟.
ただ国勢調査ではまだ人が僅かに住んでいるよう.

しかも保険金殺人で夫婦揃って死刑になって家主不在となった家もそのまま残っているらしい
住人が居なくなった南部北夕町,南部菊水町は建物自体もほぼ無くなったけれど
南部青葉町は人間の残り香がかなり強い.


帰り道,こんな大きい保育園の建物は廃墟に違いないと思って寄ってみました.
中を除くと長靴が揃えて置いてあった.別の目的で使われている様子.

ただ清水沢近辺や南大夕張駅前で子供をけっこう見かけて
意外と子供居るんだなと思った.


千歳空港への帰り,追分駅隣接の温泉に寄りつつ帰宅.
石炭の歴史村やシューパロ湖資料館,北炭清水沢火力発電所には入れなかったので
必ず再訪します.
少し国分寺線を撮ってきました.


小川→鷹の台

新興住宅と畑の中を走る国分寺線.
写真自体はどうってことないけど多摩っぽさのある風景.


小川→鷹の台

「くぐるなあぶない」の西武線らしさ.


鷹の台→恋ヶ窪

新緑の季節にしか出ない黄緑色と.

おわり.
先週の日曜日にふらっと鷹の台で撮ってきた分です.


雨上がりで桜の花びらが溜まっていました.
今年は風が強く,あまりホーム上にたまりませんでしたが.


水たまりがあると花びらが風に運ばれないので溜まりやすくなる


最後に駅の椅子に花びらが落ちていたので.

今年の桜×国分寺線はこれくらいになりそう.

おわり
国分寺線を撮ってきました.久々な気がする.

まずは恋ヶ窪にて.
改札口から東村山行きを入れて.
恋ヶ窪駅
うまい具合に車掌が隠れずに国分寺行きが出発.

恋ヶ窪
東村山行きの停車時間が長く,降車客がほぼ出終わっても停車中.

一見判別が付かないけどドアをよく見ると2015Fと分かるような写真がこれに限らず多い.

2015F 恋ヶ窪
夜8時台だと適度な人・車の通りと灯り.
これまでここで撮った写真は早朝と夕方だったけど,
早朝は閑散とした感じ,夕方は建物の日陰で露光的にキツイ
といった感じだったのでこれくらいがいつもの印象に近くて良い雰囲気.


今夜は2015F, 2021F, 2053Fの3本でした.


300mm望遠で抜いてみた.
70-300のテレ端は解像度カスなのでサンニッパで再挑戦したい構図.

おわり
鉄道写真の撮影ではないけど写真を撮りに行きました

サンライズで高松へ行き,1日目は小豆島へ.
2日目に高松へ戻って車を借り,高知愛媛香川とぐるっと回ってきました.

鉄分はサンライズと半家駅,ということでその写真を.


撮ってて楽しい広角特有の画角.ハマるのも頷ける.


サンライズの醍醐味.通勤風景を眺めながら旅に出れる.
(日常から離れることに浸れる)


瀬戸大橋からの日の出.



TAMRONの10-24mmを買いました.
広角特有の画角,風景を撮ると普通の写真でもすごい写真に見えてくる.
ただ撮るだけじゃなくて遠近感をうまく使うような写真を撮っていきたい.

サンライズも楽しい.
移動時間もうまく使えるので今後ふらっと乗ろうかなと思います.
ようやく色々終わった(形だけ)のでスナップを編集.
編集する時間ができたので1週間遅れだけど忘れないうちに.


国分寺

ドアカットを狙って東村山へ

東村山

夕方の東村山は2線使うので田の字窓越しに2000をスナップ.

東村山


駅のスナップは夜のほうが映える気もする
帰りに乗った電車が2015Fだったので軽く撮影してきました.

写真はすべて鷹の台にて.


2015Fと2021Fで回していました.


2015Fの最終一本前.
こういう写真,撮ってなかったな.


国分寺行き最終.


国分寺行き最終列車が発車していきました.

おわり
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
[03/15 まる]
[03/08 常磐東北]
[06/14 まる@管理人]
最新記事
プロフィール
HN:
まる
職業:
院生
撮影機材:

・Nikon D500
・Nikon D80
・Canon PowerShot G7 X
・Ai AF NIKKOR ED 300mm f/2.8S(IF)(New)
・AF-S VR Zoom-Nikkor ED 70-300mm f/4.5-5.6G(IF)
・Ai AF NIKKOR 50mm f/1.4D
・AF-S NIKKOR 28mm f/1.8G
・AF-S DX NIKKOR 16-80mm f/2.8-4E ED VR
・TAMRON 10-24mm F/3.5-4.5 Di II VC HLD (Model B023)
・Velbon El Carmagne 635
・Velbon UT-43
などなど。
アクセス解析
忍者ブログ [PR]